デジタル・ヒストリー スタートアップガイド

サポートサイト

『デジタル・ヒストリー スタートアップガイド』を上梓しました。この本は、デジタル形式の資料とデジタル機器を歴史の研究に活用するための、基礎的な作業の手法を解説するガイドブックです。コンピュータによる効率のよい分析・共有を可能とするために、資料の全文テキストデータ版を作成するという目標を置きます。コンピュータに文書を適切なかたちで与えてやることで、人間の眼だけでは不可能なことを機械の力で実現するための基盤をつくります。歴史研究とデジタル技術には興味はあるけれど、具体的に何から手をつけてよいかわからないというひとに向けて書いた、「入門のための入門書」です。

このサポートサイトでは、この本では書ききれなかった補足説明や、関連情報を共有します。また、本書の実習用のデータもここからダウンロードできます。

実習用データ

実習用データは次のリンクからダウンロードできます。本書を読むにあたっては、このデータを使わなければならないわけではありませんが、今後これを使った具体的な作業の例をこのウェブサイトで書いていきたいと思います。

ダウンロード

本の概要

タイトル
デジタル・ヒストリー スタートアップガイド
著者
宮本隆史(みやもと たかし)
出版者
風響社
サイズ
20.8 x 14.8 cm, 64ページ
定価
840円(本体800円+税)
発行
2011-12-25
ISBN-10
4894897539
ISBN-13
978-4894897533

内容

本書では、歴史資料のデジタル画像をつくり、構造化されたテキスト・データにするまでの一連の流れを解説します。コンピュータを使った作業は、よく料理になぞらえて説明されるので、その伝統にならい本書も料理のレシピのような構成にしています。

  • 1. はじめに
  • 2. 食材をそろえる:資料の複写
  • 3. 包丁をそろえる:作業環境の用意
  • 4. 食材の仕分け:ファイルとディレクトリの操作の基本
  • 5. 下ごしらえ:デジタル画像からテキストファイルをつくる
  • 6. 料理本番:テキストの修正
  • 7. 仕上げ:テキストに構造と意味を与える
  • 8. 盛り付け:データの公開へ
  • 9. 賞味する:分析の方法
  • 読書案内